So-net無料ブログ作成
検索選択
本、雑誌 ブログトップ

小説 癌だましい [本、雑誌]

昨日のNHK「ニュースウォッチ9」で、女性作家、山内令南の特集がありました。

第112回文學界新人賞受賞作『癌だましい』を著した人の特集でした。

この小説は、作者の山内令南、その本人の人生を投影した小説になっています。

内容は、独身で40代の女性が、食道癌に侵されつつも、食べることへの異常なまでの情熱と執着を持ち、癌の治療もせずに、ひたすら食べ続ける様を描いたものです。

ただ、そのような悲惨な出だしから、病魔に侵される以前へと戻っていく時間の逆戻し的な部分もあって、ただ悲惨なだけの小説ではないみたいです。

そして、文學界新人賞受賞の知らせの後に亡くなられたようです。

ごく一部の紹介ですが・・・
食道癌のため、食物が食道の狭窄部より先に下りない状態なのに、
「食いてえ、腹減った。エビチリうまかったなあ・・・」などという描写が冒頭からしばらく続いています。

作者本人が末期の病を抱えながら、あまりに悲惨な小説のようですが、それでもどこかユーモアもあって、読み終わった後にどことなく爽やかな印象もある物語になっているという評もありますね。

私も実際に「ニュースウォッチ9」をリアルタイムで見て、少々異常な感覚も覚えたものの、本当に読んでみないと、上に書いたことがはっきりとはつかめないのが正直なところです。

一読の価値はあると思いますので、ぜひ手にしたいです。


本、雑誌 ブログトップ
通話機能のモジュール化 TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。