So-net無料ブログ作成

エマニエル夫人 動画 画像 [映画]

今回は、ある意味名作映画「エマニエル夫人」(1974年)で世界的に話題になった
オランダの女優、シルビア・クリステルが死去したニュースです。

60歳でした。

調べてみると、画像はネットではあふれています。
「エマニエル夫人」のころの画像や動画を見ると、さすがに魅力的です。

画像はもちろん検索すればすぐ見れますが
動画については、youtubeで
EMMANUELLE で検索するだけで、それなりに出てきますね。

シルビア・クリステルは、今年7月ごろにも脳卒中で倒れて入院していたはずです。

そして脳卒中になったのは、その3週間ほど前の、喉頭がんの治療後のことで
ほかにもなんと肝臓がんなどでも闘病中でした。

sylvia kristel.jpgシルビア・クリステルは、オランダのアムステルダム郊外のユトレヒトで生まれ、20歳で、ミス・テレビヨーロッパに優勝。

そして、今でいうセレブの若い人妻の奔放な生活を描いた「「エマニエル夫人」に主演しました。

「官能映画」という代名詞もある「エマニエル夫人」は、日本も含めて
世界的に大ヒットしました。

その後、続編の「続エマニエル夫人」(1975年)
「さよならエマニエル夫人」(1977年)
「エマニュエル」(1984年)にも出演。

ほかにも「チャタレイ夫人の恋人」(1981年)や
「プライベート・レッスン」(同年)など、似たような作品に出演しています。

たしか、空のパニック物の映画、エアポート系にも出ていなかったかな?
調べてみると「エアポート'80 」(1979年)ですね。


早すぎた晩年は、心はわかりませんが、体調面ではどうも
幸せではないみたいでした。

【送料無料】【BD2枚3000円】エマニエル夫人【Blu-ray】 [ シルヴィア・クリステル ]
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

リンジー・ローハン 事故 不審死 [映画]

今日は、リンジー・ローハンが検索急上昇のようです。

映画好きの私ですが、リンジー・ローハンの映画やドラマはあまり見た記憶がありませんねー。

yahoo!で検索してみると・・・
『リンジー・ローハン 不審死』というのがあるではないか!?

え? と思ったのですが、いろいろ最新ブログやニュースサイトを調べてみると、単にフジテレビの番組の『日本くぎづけ大学』の中で「世界VIP不審死リスト」に入っていた(取り上げられていた?)だけのようです・・・。

まあ、いろいろトラブルやスキャンダルの多いお騒がせな人みたいなので、いずれは・・・なんて思われているんでしょうねー。

で、結局、速報などによると、けっこうな交通事故を起こしたらしいけど、軽症ですぐに退院したとか。

一部引用~

『高速道路でローハンが乗ったポルシェがトレーラーに衝突し、車は大破。ローハンが前の車を追い越そうとして、対向車のトレーラーと衝突した可能性が高い』

やっぱり悪運の強いお方のようですねー (゚ー゚;

N0042939_l.jpg 

インセプション 地上波初! 難解だけど気になる? [映画]

今日は日本代表のサッカーの話題ばかりだと思いますが、あえて(?)明日の夜あたりから明後日に(もしかして?)話題になるかもしれない、映画「インセプション」のことでも書いてみます。

6月10日の日曜洋画劇場で放映される「インセプション」
地上波初とのこと。
なんか以前やったような気もしますが、まあいいや・・・。



そう、レオナルド・ディカプリオ主演の、ちょっと難解で、そしてとても魅力的な映画です。

私は映画館で観ましたが、すごく好きな映画なのに、正直なところ把握しきれない部分がありました・・・。
1回観ただけでは、ストーリーを追い切れなかったんですよね。

でも、かなり心に残る印象的なシーンも多くて、もう1度観てみたらなお好きな映画になりそう・・・と思いつつ今まで観てませんでした。

ストーリーは簡単に言えば、人が見る夢の中に侵入して情報をを盗み取るスパイ仲間と、それを阻止しようとする相手との攻防の話ですが、夢にも階層があって、さらに深い夢の中のそのまた夢にまで入り込んでいくあたりが、これまでないジャンルの映画のような気がしました。

(私の説明よりも、このサイトのレビューなんかが面白いと思うので、ここに紹介しておきます)

監督はクリストファー・ノーラン。
あのバットマンシリーズの「ダークナイト」や「プレステージ」などの監督です。

ちなみに、このクリストファー・ノーランが監督で、バットマンシリーズの完結編「ダークナイト ライジング」も7月頃に封切予定

とか。
しかも、この「インセプション」に出ていた役者がけっこう登場するらしいです。


さて、登場する俳優ですが、ディカプリオや渡辺謙はおなじみですが、それ以外の脇役もなかなかです。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットは最近では「フィフティ・フィフティ」で心に残る演技を見せました。

マリオン・コティヤールは瞳が魅力的な女優ですね。

そして登場シーンは少ないけれど、懐かしい(?)トム・ベレンジャーも出ています。
ベトナム戦争を題材にしたあの「プラトーン」での冷酷な中にも少し物憂い雰囲気を漂わせた軍曹の役は忘れられません。

「インセプション」も印象的な映画ですが、この「プラトーン」も一見の価値があります!
戦場で自分の理性とこれまでの生き方を保てるか、自分はどちら側なのか・・・。
こちらもぜひ観てください。


で、明後日の放映で気が早いけど、この「インセプション」
もう一度じっくり観たいと思っています!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
通話機能のモジュール化 TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。